1. バスの乗り方

丹海バスの乗り方

・丹海バス乗車モデルコース「天橋立駅」から「伊根湾めぐり日出」まで

1. バス停で行き先と時刻表を確認しよう

バス停
バス停の時刻表でバスの運行時間を確認してください。
ホームページで事前に確認できます。

丹海バスのバス停は右図の丸看板が特徴です。

狭い道路では、道路の片側のみにバス停ポールがある場合があります。
その場合、バスの進行方向に向かって道路左側でお待ちください。

2. バスが来たら後方のドアから乗ろう

バスの乗降口

丹海バスは、後方のドアから乗り、前方のドアから降ります。
ドア付近に表示される行き先表示を確認してください。

バスが停車するまで、バスに近づかないでください。

3. バスに乗ったら整理券をとろう

整理券発券機
バスの乗車口付近に整理券発券機があります。
整理券を1枚とり、番号を確認します。

小さなお子さんは座席深く座るようにしてあげてください。
運行中は席を立たないようにしてください。

4. バスの運賃を確認しよう

運賃表

整理券で運賃を確認できます。
整理券の番号と、バス前方にある運賃表の同じ番号とを確認し、その番号の下の金額が現在の運賃です。

小学生(6歳~12歳)の運賃は、運賃表の金額の半額を、10円単位に切り上げた金額になります。

5. バスを降りたいときは降車ボタンで運転士に知らせよう

降車ボタン
バスの車内放送で次のバス停がアナウンスされます。
降りたいバス停がアナウンスされたら、降車ボタンを押して運転士にお知らせください。

バスが停車するまで席を立たないでください。

6. 運賃箱に整理券と運賃をいれよう

運賃箱
整理券と運賃は運転士に見えるように、運賃箱に投入してお支払いください。

運賃箱には両替機がついていますが、千円札または硬貨の両替のみ対応しています。
一万円札、五千円札の両替はできませんので、あらかじめ小銭の準備をお願いします。

丹後地域では、エリア制上限200円バスを実施しているため、2エリアをまたいでも片道の上限は400円になります。

7. バスを降りたら周りの車に注意しよう

バス乗降口
前方のドアから降ります。

バスを降りたら、必ず周囲の安全を確認してください。



バスを安全にご利用していただくために、守っていただきたいルールがあります。
何卒、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。



丹海バス中型  丹海バス大型  丹海バス海の京都